2014-07-25

街をデザインしてほしい。

  各、地方自治体が必要に迫られていること。それは、県・市 ・町民を増やすこと、維持することであり、極力減らさないことだと思う。

  夕張市は他人事ではないはず。

 人口減少。住民票の人数より、少ないはずの実生活者数。
家余り減少。空き家ばかり地域に解体出来ずに放置状態の家々のある町。

 財政が困難になる前に、街をデザインして欲しい。

 魅力ある街。住みたくなる街。憧れられる街。誇れる街。

 建物一戸毎のデザインも勿論ですが、もっと広い範囲で、駅を含めた街をデザインし、その周囲の住宅地の街区もデザインし、整備して欲しい。
バラバラな整備計画でなく、有る程度まとまった整備が必要だと感じる。

 雑多な感じ、様々な用途が混在したまとまり感のない感じ。これが日本の街の特徴だと思う。
それはそれで良いが、課題は、人々がこの街に住みたいと感じ、住んでもらえること。

 様々なことが、国から地方に委ねられる傾向があります。権利の移行もありますが、同時に負担も強いられていきます。

 地方は、今有る、観光資源も含め、景色、遺産、自然、農魚業などの資源を大切にしつつ、人が移住して来てくれる町作りを頑張ってください。


 私の住む町の近くで区画整理が継続されているところがあります。建物が建てられる地区は暫時建築が施されているのですが、そこに新しく綺麗な駅と駅前のロータリー広場があります。電車から降り駅のエスカレーターを降りて正面を見ますと、賃貸(アパートみたいな)マンションが、でーんと建ってます。その建物のバルコニーは駅に向かっています。当然洗濯物も駅に向かって干されます。いかがなものでしょうかね。

 (字を小っちゃくして)個人的に好き勝手な事を言っていますので、関係者の方はゴメンナサイ。(←謝る必要もないか)











2014-07-04

不均衡の中のバランス

 不均衡の中のバランス

 このフレーズがそもそも釣合いが取れていないよね。

 規則正しく並びつつ、均整がとれた羅列の中に、それを乱す物があったりなんかすると、とても楽しい被写体になる。

 一見、シンメトリーに見えるのだけれども、わざと、微妙に崩すデザインなんか最高ですね。

それとは逆に、ばらばらな配列だったり、統一感のない物の羅列が、実は遠目から見ると、規則正しく並んで見えたり、統一された物の羅列に見えたりなんかしたら、これもまた、実に楽しいわけです。

 建築素材や土木用の材料など単一的な無機質なものが多い中、それが人間の手によって、現場なりに、対応して加工されたものは実に、温かみや人間味などと言った、味が醸し出さててくるように見えるわけです。時にはユーモラスに見えたり、リズミカルに見えてみたり、作業員の苦労も見えたり。
 
 話しが脱線してしまいましたが、整っているようで整っていない。バラバラの様だけど統一感がある。そんな風景が好きで、普段探し歩いているような気がします。